「冬のダイエット成功」に必要不可欠なアレって!?

この記事をシェア!

あっという間に、12月…。薬膳の勉強はちょっとスローダウンしつつも
なんとか通信講座の課題を続けています。

KYO
急に冬!って感じになってきましたね


最近の私は、養生の本がお気に入り。
「ほうほう」「なるほど」「これは今すぐやろう」などブツブツ言いながら読んでいます。

そこで気になった話題が、ひとつ。「冬太り」です。

「冬太り」。女性だけでなく男性にとっても気になるワードです。

冬はゆっくり眠るのが基本

中医学では、冬は「閉蔵」の季節です。寒さを乗り切るため、体はエネルギーを欲します。あまり激しい活動をしない方がよいとされるのは、余分なエネルギーを使って消耗しないため。

食べ物をたっぷり食べてから冬眠する動物もいるように、春に備えて動物も植物もエネルギーをセーブします。人間の体も冬には必要なものを集めて蓄えるようになっています。

人間は冬眠こそしませんが、おすすめなのは早寝・遅起きの長時間睡眠。冬は何かと忙しい時期ですが、22時には眠り、朝は7時に起きるのがベストだそうですよ。

長く眠るだけで痩せる理由は?

冬は寒さから身を守ろうと、体の体温を維持するために、基礎代謝が上がります。基礎代謝を上げると、寝ていても多くのエネルギーを使います。それに、寝ていれば余計な飲食をしなくてすみます。

つまり、寝ている時間が長ければ飲食しない時間が増え
体のエネルギーはどんどん消費されるから、痩せられるというわけです。

冬太りを防ぐために必要なのは、「睡眠をしっかり取ること」

現代人にはなかなか難しいですが、いつもより早く寝られるよう心がけたいですね。

冬太りの落とし穴① 食べすぎ

…と、こんなことを書いている私ですが、しっかり冬太りしてしまいました。
夏よりプラス1、2キロ…。ん?冬は痩せるはずなのに、おかしいじゃないか…と思うのですが、ここでひとつ冬ダイエットのポイントが。

それは飲食の量を他の季節と同じようにすること。

クリスマスに忘年会、お正月…冬はごちそうをたっぷり食べる機会も多いです。
痩せる季節だから
と油断して食べすぎると、やっぱり太ってしまいます。
結局、食べ過ぎはダメということですね。

「食べる量はいつもと同じ」と心がければ、無理しなくても痩せやすくなります。
そもそも、養生ではふだんから腹八分目よく噛んで食べるのがマルです。

また、激しい運動はおすすめできませんが、ストレッチや階段の上り下りなどで軽く体を動かしましょう。痩せやすい時期だからと無理なダイエットをすると、春の体調に影響するので気をつけたいですね。

冬太りの落とし穴② 冷えすぎ

薄着をする方が、基礎代謝が上がって痩せるのでは?と思いがちですが、 養生的にはNG。冬の養生の基本は「体を温める」です。 寒い時期に薄着だと、体が冷えて代謝が落ちるので、痩せにくい体につながります。また冷えからくる不調の原因にもなってしまいます。

気候の変化に合わせて、立冬(11月ごろ)までは保温しながらも気持ち薄着で過ごし、冬本番は下着の重ね着、薄手のダウンをフル活用するなどして、保温を心がけましょう。

家の中はあたたかくとも、靴下はマスト。足先が冷えると全身の冷えにつながるので、冷え性の人は靴下の重ねばき、スリッパなど工夫を。

まとめ:養生的!冬に痩せるために大切な3ポイント

冬ダイエットの成功の秘訣は

・しっかり睡眠を取る
・ 食べすぎ注意!腹八分目〜他の季節と同じくらい
・ 体を温めて冷やさない

養生的な痩せるコツと体を守る工夫で、すっきり元気な春を迎えたいですね!

KYO
飲み過ぎ食べ過ぎに注意します!

人気ブログランキングへ

(Visited 241 times, 1 visits today)