胃腸の元気に!とうもろこしパワー 

この記事をシェア!


まだまだ暑いですが、夜はずいぶん涼しくなってきましたね!

KYO

中医学でいう温燥の季節。
肺の働きが盛んになるので、刺激物は控えめに…by教科書

とうもろこしLOVER

今年も両親から、北海道のとうもろこしを大量にもらいました!
子どもの時から私はとうもろこしが大好き。それを知ってる両親、
8月に北海道旅行をした際に、予約してくれていたのです。ありがたいです。

とうもろこしは鮮度が命!
収穫したそばから鮮度がどんどん落ちていく…というのはよく聞く話。

関西ではなかなか新鮮なとうもろこしにお目にかかれないので
北海道から直送されてきたとうもろこしはとっても貴重です。

今年はゆでずに、蒸すオンリー

まずはそのまま、蒸していただきます。
去年までは、とうもろこしの皮をすべて「ベリベリッ!」とはがして、
お湯でゆでていました。この皮を向く作業もゆでるのも、けっこう重労働なんですよね…。

でも今年は違います。皮もヒゲも全部取らなくて済む、
楽チンな「皮つきレンチン蒸し」を覚えたのです!

とうもろこしの皮つきレンチン蒸し

  • ①とうもろこしの一番外側の皮を2〜3枚むく。内側の皮は残す。
  • ②1本ずつ、レンジで2分半加熱(600W)。
  • ③裏返してさらに2分半加熱。
  • ④そのまま冷まし、粗熱を取る。
  • ⑤冷めたら、根元から2cmくらいのところを切り落とす。
  • ⑥ヒゲの方の皮を持ち、実全体を絞り出すようにして取り出す。

↑想像つくでしょうか?写真を取るのを忘れてしまったので、イラストを。(雑ですが…)

レンチンしたとうもろこしの皮の付け根を切り落として、
ところてんのようにムニュ〜ッと押し出します。
するとヒゲもつるんときれいに取れて、ほかほかツヤツヤとうもろこしが登場!

この方法の何がいいかというと

  • ●皮やヒゲを全部取り除く作業がいらない
  • ●お湯をわかす手間がいらない
  • ●栄養分が流出しにくい
  • ●皮がラップ代わりになり、甘みが凝縮する
  • ●ゴミが減る(ラップ不要、皮の体積が減る)

とっても楽なので、おすすめです。ぜひやってみてください!

芯もヒゲも使った炊き込みご飯

そして、お次は、とうもろこしの炊き込みご飯!
ヒゲつきとうもろこしが手に入ったら作る、毎年の恒例メニューです。

去年の記事はこちら

とうもろこしのひげ、捨てちゃダメ!一緒に食べてデトックス。
とうもろこしのひげでデトックス?実は生薬としても使われるとうもろこしのひげも一緒に炊き込んで、とうもろこしごはんを作ってみました。

お米は洗って、ご飯土鍋にセット。水は少しだけ多めの方が上手く炊けます。
去年も書きましたが、うちには炊飯器がありません!旦那(陶芸家)の作ったご飯土鍋で毎日ご飯を炊いています。ご飯土鍋はご飯がおいしく炊けて、丸ごと洗えるのがいいところ。

とうもろこしは芯から実を外し、ご飯の上にオン。
芯にも薬効があるので捨てずに一緒に炊くと、
うまみがプラスされ、芯の薬効も加わるそう。
あ、味付けに塩も少々入れるのを忘れずに。

もちろん、ヒゲは捨てません!
薬膳を知らなかったころは、ヒゲはもちろん即ゴミ箱行き。
ですが、今では大事なおヒゲ様。細かく刻んで、一緒に炊き込みます。

ギョクベイジュ(とうもろこしのヒゲ)

利尿作用のある生薬として使われる。天日干しにして乾燥させ、煎じたものが「とうもろこし茶」。結石の対策にも使われる。

この「利尿作用」ってよく聞きますが、ただ尿を出すだけなく、体内の不要なものを尿から排出してデトックス…というイメージを私は持っています。

中医学では利尿作用、本当によく出てきます。体の中のめぐりを良くして、いらないものはしっかり出す。これって、当たり前だけど大切なことなんですよね。

さてご飯の方は、蒸らして、混ぜて…おいしく炊けました♪

とうもろこしのいいところは?

薬膳を勉強していると、「えっ、この食材ってそんなに体にいいものだったの?」
と知ることが多くあります。

例えば、きくらげや山芋(長芋)は、ふだんはそこまで主役にならない食材ですが、薬膳ではかなりの優秀食材。栄養学的にはそんなに…というきゅうりやなすでも、薬膳ではしっかり薬効があるもの。

とうもろこしも、その一つ。あくまで私の中のイメージですが、おいしいけれどそんなに体に良いイメージがなく、「とうもろこし=穀類で糖質が多く太る」と思っていたかも…。(実際はそんなことはなく、栄養もいっぱいですが)

なので、薬膳的なとうもろこしの効能を知って、とても意外でした。

とうもろこしは胃腸の働きを高めるので消化吸収力がアップ。
食欲を回復させ、元気にしてくれます。
また体の熱を冷まして余分な水分を排出するので、むくみが気になる時におすすめ。
ジメジメの季節や、暑い時期に冷たいものを食べすぎて
胃腸が弱ってしまった時などにぴったりの食材です。

【とうもろこし(玉蜀黍)】

  • ■五性:平
  • ■五味:甘
  • ■帰経:脾、肝、腎、大腸、胃
  • ■働き:むくみの解消、疲労回復、食欲回復

お知らせ

最後に、お知らせです。
このブログの記事を「ナースときどき女子」というサイトで紹介していただきました!

ナースのティータイムをもっと楽しく♪自家製茶の作り方、お茶の実飲レビューなど気になるお茶の世界に迫ります! | ナースときどき女子
古今東西、身近な飲み物として楽しまれているお茶。誰かをおもてなししたり、ティータイムを過ごしたり、はたまた健康面を気にして飲んだりと、さまざまなシーンで活用されています。そんな奥深いお茶を、今回はあらゆる角度から取り上...

紹介していただたいのは、てんやわんやで作った秋の桂花紅茶の話…笑。
紹介文も素敵に書いていただいて、うれしい♪
他にもお茶の記事が紹介されているので、よかったら読んでみてくださいね!

KYO
今年も桂花紅茶、作ろうかな♪


薬膳料理ランキング