ロート製薬直営レストラン「旬穀旬菜」に行ってみた

この記事をシェア!

金木犀のいい香りが漂う季節になりました!
ふと道端を見ると彼岸花も。

KYO
大阪でお仕事の帰りに、体にいいランチをいただいてきました!

大阪で薬膳ランチを探して

自宅で仕事をしているせいで、ランチではほとんど外食をしないKYOです。
いつもは家でササッと残り物を食べる程度なのですが、
「たまには勉強を兼ねて、ちゃんとした薬膳ごはんを食べたい!」ということで
〈おひとりさま薬膳ランチ〉をしてきました!

いざ探してみると、関西では薬膳が食べられて行きやすいお店って、
あるようで意外とないんですよね。

いろいろ探して、JR大阪駅北側にあるグランフロント大阪で一軒のレストランを発見!
グランフロントといえば、大阪でいちばんシティ感(?)のある、超大型商業施設。
その北館6Fにある、ロート製薬直営のレストラン「旬穀旬菜」です。

ロート製薬といえばもちろん薬を取り扱う会社ですが、
「本当の健康とは薬だけに頼らず、体の源を作る『食』が大事だ」という考えから、
食にまつわる事業を展開、生まれたのがこのレストラン「旬穀旬菜」なんだそうです。

「旬穀旬菜」で食べられる料理

「旬穀旬菜」という名前が表すように、
旬の野菜を使った体にいいメニューが食べられるのが最大の特長。
おいしいだけ、体にいいだけではなく
「おいしく食べて健康と美を目指す」がコンセプト。

メニューは生薬を使った伝統的な薬膳というわけではなく、
栄養学と薬膳をミックスして考案されたメニューを
フレンチテイストでいただける「フレンチ薬膳」です。

「たっぷりの旬野菜」+「栄養学×薬膳レシピ」+「フレンチの技法」

という、3つの要素のハイブリッド。
お料理だけでなく、お店の雰囲気もスタイリッシュです。

「旬穀旬菜」は同じ店内が大きくふたつに仕切られていて、
奥側がレストラン、手前がデリカフェという形態になっています。

レストランは、メニューの中から注文するシステム。
デリカフェは、ショーケースの中のデリから食べたいものを選び、
ワンプレートでいただくシステムです。

私はこの日、ひとりだったのでデリカフェへ行くことにしました。
デリは2品or3品が選べます。

  • 2デリセット…ショーケースから2品+スープ(orドリンク)+パン=¥850
    (税抜)
  • 3デリセット…ショーケースから3品+スープ(orドリンク)+パン=¥1,050
    (税抜)

3デリでもしっかりお腹いっぱいになったので、2デリでも満足度は高そう!

ショーケースの中からデリ選び

店に行ったのは平日の13時ごろ。すでにショーケースの中が少ない…
ちょっと出遅れた?と思いながらも、デリをチェックすると、
野菜のデリからお肉のガッツリ系のメニューまで並べられています。

デリは一品ごとにきちんと「保湿」「夏バテ」など期待できる効果が書いてあるので、
迷った時にちょっと背中を押してくれるのがポイント。

私はこの日、効能で選んでみようと「保湿」「むくみ」「美肌」と、
気になるものばかりで攻めてみました。笑

デリを注文すると、お店の方がワンプレートに盛り付けてくれます。
デリ3品とパンがついて終わりなのかな〜と思ったら、
たっぷりの野菜サラダと野菜とともに盛り付けられてきた〜!

サラダは頼んでいなくてもちゃんとついてくるのがとってもうれしいです。

たっぷりの付け合わせサラダ

さっそくいただくことに。
たっぷり盛られたグリーンサラダ、いろんな葉っぱが混じっています。

ほろ苦さが持ち味のルッコラ、独特の見た目のアイスプラント。
この2つは分かったのですが…
それ以外は何の葉なのかわからないけれど、とってもおいしい!!!
思わずモリモリ食べてしまい、お代わりしたかったほど…

「旬穀旬菜」ではレストランの隣に植物工場を併設していて、
そこで水耕栽培されたフレッシュ野菜を使用しているそう。
サラダにもその野菜が使われていたのかな?

こだわりのデリ

私がこの日選んだデリはこちら!

①【むくみ対策】大阪産冬瓜と岸和田南宗味噌のソイミートそぼろ

「水分代謝をよくする冬瓜と血流改善に働くソイミートでむくみ知らずのからだづくりを。」

というコメントが添えてありました。

薬膳で、冬瓜は体の熱を取ってむくみに効果のある「利水滲湿類」
大豆は同じく「利水滲湿類」でむくみによいとされています。

ひんやり冷やしてある冬瓜を口に入れると、ジュワッとジューシー。
サツマイモが入っていますが、甘すぎず、おかず感があります。
ソイミートは本物のお肉だと勘違いしていたほど。
大葉がさっぱりと味をまとめておいしい!
地場野菜を使っているのは、「旬穀旬菜」が大阪府と提携していて
大阪産食材のPR、地場野菜の農家さんとのつながりを大切にしているからなのだとか!

②【美肌】なにわ伝統野菜 勝間南瓜サラダ

「βカロテン、ビタミンC・E、食物繊維が豊富な勝間南瓜は美肌作りにお勧めの食材です。」

初めて知った「勝間南瓜(こつまなんきん)」
調べてみると、西洋かぼちゃより先に日本に定着した東洋系のかぼちゃで、
大阪の伝統野菜「なにわ野菜」のひとつだそうです。

皮がゴツゴツ、実の部分は水分が多めで甘さ控えめ。
甘くない分、デリにぴったり。マスタードの酸味と香りが勝間南瓜と
よくマッチしてさっぱりといただけました。

かぼちゃといえば薬膳では「補気類」。胃腸(脾)の働きを助けます。
中医学では脾は「水の代謝を順調にすることで四肢と筋肉を丈夫にする」
という働きがあるので、胃腸の状態は肌のハリや小じわにも影響します。
胃腸によく、便秘にも良いかぼちゃを使ったデリは、
薬膳的に見ても美肌作りに役立ってくれそうですね。

③【保湿】南ぬ豚のハンバーグ マンゴーチポトレソース

メインディッシュに選んだハンバーグ。口に入れるとジュワッと肉汁があふれて、
とってもコクがある!マンゴーソースの優しい甘さがアクセントになっていました。

「豚肉の良質なたんぱく質とマンゴーのビタミンCの組み合わせはコラーゲンを生成し、保湿に◎。」

と、コメントは栄養学的なものでしたが、豚肉は薬膳でも潤いをもたらす「滋陰類」
マンゴーは「清熱類」で、体の熱を取り渇きを止め、体の水分を調節します。

体が乾いているなら水を飲めばいいと思いがちですが、中医学でいう保湿は
食べ物から水分を取り込んでこそ、といわれますよね。
おいしくいただいて保湿になるのはとってもうれしいです。

今回選んだデリは、どれもおいしくてしっかり満足できる味でした。
季節ごとの食材で常時8種類以上のデリが揃っているそうなので、
どんなデリがあるかはその時のお楽しみ…?

3種類のデリ+サラダ+パン一切れ+スープで、かなりお腹いっぱいに。
たんぱく質と野菜が多めなので、しっかり食べてもまったく罪悪感がありませんでした。
むしろ旬の野菜の栄養をたっぷり摂り入れられて、体が喜んでいるような感覚に!
おかずはしっかりボリュームがあるので、男性にもいいのでは?と思うのですが
白ごはんがないと男性的には厳しいかな?笑

まとめ

伝統的な薬膳というよりも、体にいいごはんを気軽に食べたいという気分にぴったりの「旬穀旬菜」。

スタイリッシュな店内で、フレンチ薬膳がいただけて大満足。
デリカフェの方はカウンター席もあるので、おひとり様でもまったく問題なし。
また行きたいなと思えるお店でした!

  • ROHTO RECIPE 旬穀旬菜レストラン&デリカフェ
  • 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪北館6F
    TEL 06-6359-3072
KYO
今度は友達にも教えてあげたい!
女子同士のランチにはぴったりの雰囲気でした!




薬膳料理ランキング