薬膳を学ぶ上で欠かせない!二十四節気って何?

この記事をシェア!

こんにちは!キョウです。今日は薬膳を学ぶにあたって避けて通れない「二十四節気(にじゅうしせっき)」についてまとめようと思います。二十四節気は昔から生活に使われてきた暦ですが、薬膳・中医薬の分野でもよく利用されます。

薬膳には欠かせない二十四節気

季節の薬膳を勉強していると、必ずといっていいほど出てくるのが「二十四節気」。1年を24の節気に区切った暦のことで、各節気にはそれぞれ名前がつけられています。

古代中国は暦の先進国。二十四節気は紀元前1300年には存在していたといわれ、最初は冬至を中心に暦が作られていたとか。暦を作ることは政治的な意味があり、皇帝が人民に授けて秩序を保つためだったといわれています。

昔から「季節に合わせた食材や中薬で五臓六腑をととのえる」という考え方が根付いた薬膳では、二十四節気はとても重要な指標とされてきました。ちなみに、二十四節気をそれぞれ3つに分けた七十二候もあります。

季節二十四節気
立春
りっしゅん
2/5前後
雨水
うすい
2/20前後
啓蟄
けいちつ
3/5前後
春分
しゅんぶん
3/20前後
清明
せいめい
4/5前後
穀雨
こくう
4/20前後
立夏
りっか
5/5前後
小満
しょうまん
5/20前後
芒種
ぼうしゅ
6/5前後
夏至
げし
6/20前後
小暑
しょうしょ
7/5前後
大暑
たいしょ
7/20前後
立秋
りっしゅう
8/5前後
処暑
しょしょ
8/20前後
白露
はくろ
9/5前後
秋分
しゅうぶん
9/20前後
寒露
かんろ
10/5前後
霜降
そうこう
10/20前後
立冬
りっとう
11/5前後
小雪
しょうせつ
11/20前後
大雪
たいせつ
12/5前後
冬至
とうじ
12/20前後
小寒
しょうかん
1/5前後
大寒
だいかん
1/20前後
中医薬膳学と二十四節気
中医薬膳では五季

1年は「四季」に分けられますが、中医学の五行学説では春・夏・長夏・秋・冬の「五季」に分けるのが特徴。

長夏とは

夏から秋にかけて、雨のよく降る季節が長夏。中医学発祥の黄河流域に当てはまる気候です。日本は長江の中・下流域と同じと考え、芒種(6/5ごろ)前後から1か月〜2か月の梅雨を組み込んで考えます。

土用とは

立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前の18日間が土用。土用は各季節にひっついていて、独立してひとつの季節にはなりません。

季節にズレを感じるのはなぜ?

薬膳では季節に合わせて「夏は暑いので、体の熱をとる涼性のものを取り入れる」といったような考え方があります。

「いや…夏に入ったけど、まだ肌寒いし」なんて感じたことはないでしょうか?特に今年は、早くに梅雨入りした地域もあって、寒かったり暑かったりとよくわからない気候。涼性のものを食べていいのか、迷ってしまうところです。

その最たるものが立春です。春とはいっても冬の真っ最中だし、春の薬膳をとっていいの?なんだか、暦と季節感が微妙に合ってないような…。

暦と体感のズレを感じてしまいがちです。このズレはなぜ起こるんでしょうか。

実は二十四節気とは、太陽の動きによって決められた「太陽暦」。

まず「二至二分(にしにぶん)」を基準に季節を4つにわけます。さらにその間を「四立(しりゅう)」の4つにわけ…と分割していき、春夏秋冬を各6つの節気(各15日)にわけたものです。

つまり、冬至、夏至、春分、秋分を基準に、太陽の黄経15度ずつに分割したのが二十四節気。太陽の動きに対して、気温の変動は太陽よりも遅れるので、ズレを感じるのです。

昼が一番長くなる夏至は6月ですが、最も暑くなるのは8月ごろで2か月もズレがあります。日本は夏至のころに梅雨があり、海に囲まれているので、大陸よりも気温の変動が遅くなると考えられています。

このズレについては諸説あり「節気の季節は中国の黄河中流域のものだから、日本と違う」とする説もありますが、太陽の運行に対して気温の変化が遅れるという説が私は合っている気がします。

用語解説
  • 二至二分…冬至・夏至・春分・秋分
  • 四立…立春・立夏・立秋・立冬
  • 冬至…昼が一番短い日(太陽が南回帰線に達するとき)
  • 夏至…昼が一番長い日(太陽が北回帰線に達するとき)
  • 春分、秋分…太陽が赤道を通過するとき

二十四節気は薬膳にちょうどいい暦

図で見るとわかりやすいかもしれません。青の丸で囲まれた立春・立夏・立秋・立冬の「四立(しりゅう)」は、季節の始まりです。

  • 立春〜立夏…春
  • 立夏〜立秋…夏
  • 立秋〜立冬…秋
  • 立冬〜立春…冬

季節の始まりには、まだ寒い!まだ暑い!というイメージがあります。赤丸で囲んだ、季節の真ん中をすぎると、私たちが持っている季節のイメージに近づきます。

立春はまだ雪が降るような寒い日ですが、春の後半の清明は陽気にあふれてまさに春というイメージ。立秋はまだまだ残暑ですが、秋分を過ぎると本格的に秋らしくなってきます。

よくテレビで「暦の上では今日から春です」と言いますよね。暦の上では…という言い方は、体感の季節と暦とのズレを強調している感じがします。でも季節はグラデーションのように変化していくもの。季節のスタート地点と考えれば、自然なことだなと感じます。

その説明としてぴったりだな〜と思うのが、中医学の陰陽の変化です。

陰陽はそれぞれ、成長と転化を繰り返しながら、地下と地表を行ったり来たりしていると考えます。春分になると、地下で徐々に成長していた小さな陽気がひょっこり顔を出す。まさに季節の移り変わりですね。

  • 夏至…一年で最も陽気が強くなる日
  • 冬至…一年で最も陰気が強くなる日
  • 春分…陰気に変わって陽気が表に現れる日
  • 秋分…陽気に変わって陰気が表に現れる日

二十四節気は、体感する季節よりも少し早く感じます。でも薬膳では季節を少し先取りした食で養生するとよいので、ぴったりの暦だと思うのです。季節にもよりますが…

私が参考にしている本はこちら。季節ごとの考え方や、それぞれの節気に合ったレシピが参考になります。

調べてわかった!二十四節気の豆知識

二十四節気は太陽暦

漢字で書かれた節気のせいで、勝手に二十四節気を旧暦だと思い込んでいましたが、二十四節気は、古代中国で作られた太陽暦です。日本では1872年まで、中国から伝わった「太陰太陽暦」が使われていました。この太陽暦の部分が二十四節気なのです。

旧暦と新暦の違い

太陰暦…月の満ち欠けを基準にしたもの。
太陰太陽暦…太陰暦に二十四節気(太陽暦)を取り入れた暦。旧暦。
太陽暦…地球が太陽のまわりを一周する日数を元にした、現在の暦。新暦。

旧暦と新暦は日付にすると約1か月ほどのズレがあり、その差は年によって異なります。例えば、2021年の立夏は5月5日水曜日ですが、旧暦では3月24日です。ぜんぜん違う!

二十四節気は今も昔もいっしょ

春すぎて 夏来たるらし白たへの 衣干したり天香具山

百人一首でも有名な、持統天皇の和歌。中国から伝わった二十四節気を取り入れ「ヤマトに夏が訪れた〜!」と立夏の喜びを宣言した和歌だそうです。

立夏といえば毎年5月5日ごろ。旧暦だからズレているのかな?と思ってしまいがちですが、二十四節気は太陽暦なので、私たちが思っている立夏とまったく同じなのです。

ズレてしまった旧暦の行事

明治政府が太陰太陽暦を廃止し、新暦を採用すると、旧暦で行われていた行事は新暦の日付に移行されました。

本来は節分ごろだった正月は冬の真っ最中になり(春の感じゼロ!)、
新暦の4月中旬ごろだったひなまつりはまだ寒い3月の初めになり(桃の花咲いてない!)、
本来は夏真っ盛りの時期だった七夕は梅雨の真っ最中に…(天の川見えない!)

実際に行われていた季節に日付を合わせたらよかったのに!と思うのは私だけじゃないはず。

節分はかつて正月だった?

節分は二十四節気と関係の深い「雑節」のひとつ。本来節分は、季節を分けるという意味で春夏秋冬4つの季節にあったのですが、今では立春の前日だけが残っています。

旧暦の正月は、新暦の2月上旬。だいたい立春と重なるので、立春を新年とする考え方があったそうです。正月のことを「初春」というのも、立春のころだったからといわれています。

まとめ

  • ☑二十四節気は古代中国が生んだ大きな発明のひとつ
  • ☑薬膳を学び作る上で二十四節気は欠かせない
  • ☑二十四節気と実際の体感がズレるのは、気温の変動が太陽より遅れるから(諸説あり)
  • ☑二十四節気は太陽暦で今も昔も一緒
  • ☑旧暦の行事は新暦に移されて季節が合わなくなった

2016年、ユネスコの無形文化遺産にも登録された二十四節気。調べていくと、天文学や古代中国の歴史などが関係し、とても奥深いことがわかりました。また機会があればいろいろと調べてみたいと思います!

キョウ
ちょっと難しい話になってしまいましたが
参考になれば幸いです!


薬膳料理ランキング

(Visited 303 times, 1 visits today)