KALDIの人気商品で、手軽に楽しく秋の養生薬膳!

この記事をシェア!

こんにちは!キョウです。みんな大好きKALDIで、またまたいいものを発見したので、薬膳と絡めてご紹介したいと思います〜♪

シチリアンレモネードベース×みょうが

まずKALDIのオリジナル商品「シチリアンレモネードベース」とみょうがの組み合わせみょうがは酢漬けが有名だけど「もっと簡単に!もっと食べやすくしたい!」と思いついたのが、みょうがのレモネードベース漬けなんです。

使用する商品:KALDI シチリアン レモネードベース

このレモネードベースは特に暑い時期にぴったりで、この夏、私もめちゃくちゃ飲みました。だんだん寒くなっていますが、スッキリしたい気分の方におすすめ。

合わせる食材:みょうが

みょうがは夏のイメージですが、6〜10月までが旬。秋みょうがは大きくて色も鮮やかです。薬膳では気血をめぐらせて、口内炎や風邪の予防にもよいとされています。日本原産で、ピリッとした辛味と香りが特徴なので、ジャパニーズジンジャーという別名もアリ。あの香りが大好きという人も多いですよね!

材料はレモネードベースとみょうがだけ!作り方はこちら⏬

レモネードのみょうが漬け

  • 作り方
  • ①みょうがは洗って縦半分に切り、お湯でさっと茹でる。
  • ②キッチンペーパーで①の水けをふく。
  • ③消毒した保存容器に②を入れ、上からたっぷりレモネードを注ぐ。
  • ④2〜3日してピンク色が出てきたら完成。
  • ※レモネードが少ないとしっかり漬からないので、多い目に注ぐのがオススメ。
  • ※冷蔵庫で1週間程度保存可能です。

最初は色が出ていませんが…

2〜3日でみょうがの赤い色が出てきます

赤い色が出てきたら、さっそく使ってみましょう。

【アレンジ】みょうがサイダー

みょうが漬けとレモネードをグラスに入れ、炭酸水を注いで完成!

甘酸っぱくてシュワシュワで香りがいい!ほんのりピンクが映えて、見た目もgood。レモネードが染み込んだみょうがも、甘酸っぱくてシャキシャキですごくおいしいです。今からの時期はお湯割りなんかもいいですね♪

【アレンジ】みょうがレモンライス

みょうがレモンライス(右端)で手巻き寿司してみました。

みょうが漬けを取り出して細かく刻み、炊き立てのご飯に混ぜれば、華やかな「みょうがレモンライス」のできあがり。手巻き寿司などにぴったりです。

薬膳解説

秋は「燥邪」がキーワード。乾燥が気になる季節なので、潤いを生む食がポイントになってきます。そこで、酸味と甘味を持つレモネードで潤いを生み出し、辛味を持つみょうがを少量取り入れて、肺のはたらきを高めます。

シェントウジャン(鹹豆漿)の素×豆乳

KALDIでは世界各国の食材が手に入るのがうれしい♪台湾コーナーで見つけたのが、この「シェントウジャンの素」です。シェントウジャンといえば、台湾朝食でおなじみの一品。「すっぱ辛いやわらか豆腐スープ」のようなイメージです。

使用する商品:KALDI シェントウジャン(鹹豆漿)の素

シェントウジャンは自分でも一から作れるのですが、やっぱりちょっと大変ですよね。そこで、このシェントウジャン(鹹豆漿)の素が大活躍!温めた豆乳を注ぐだけでOKです。

合わせる食材:豆乳、ねぎ、干しエビ

シェントウジャンに欠かせないものといえば豆乳!薬膳で豆乳は、肺を潤して痰を取り、咳や喘息にぴったり。大豆は尿を出しやすくする効果があり、豆乳も利尿やむくみなどに効果があります。余分な水は排出しつつ、肺は潤してくれる優れた食材。またネギは辛味で肺のはたらきをよくし、エビはあたためる作用をプラスします。

シェントウジャン

器にシェントウジャンの素を入れ、沸騰直前まであたためた豆乳を混ぜるだけ。酢が入っているので、豆乳がふるふると固まって、おぼろ豆腐のような食感に。お好みで揚げパンやパクチー、ザーサイなどをトッピングしていただきます。

鹹豆漿の鹹は塩味という意味。ほんのり塩味なのにお酢の酸味もきいて、異国情緒あふれる美味しさ!

薬膳解説

肺のトラブルが気になる秋。余分な水がたまっていると、痰や咳などの症状につながります。痰を取って咳を止める豆乳、肺のはたらきを高めるラー油やねぎのピリッとした辛味が効いたシェントウジャンは、秋の養生に役立ちます。

しっかり味で満足感があるのにヘルシーだから、朝食だけでなく、ランチや夜食にもおすすめ。本場のように揚げパンがなかったので、薄揚げをオーブンで焼いて入れてみました!カリッとしておいしい♪

美容低糖質ナッツ

最後に、そのまま食べられるKALDIオリジナルのミックスナッツをご紹介。
こちらのナッツは栄養的に黄金比率になっているそうで、くるみ、アーモンド、ヘーゼルナッツのほかにパンプキンシードとクコの実が入っています。

ミックスナッツはよく見かけますが、クコの実が入っているのはめずらしい!
西洋ではスーパーフードといわれ、漢方でも重宝されるクコの実。
ナッツといっしょに食べられるのが高ポイントです。

塩・油不使用でヘルシー!小分けの袋(25g)に入っているので食べすぎないのも◎。

薬膳解説

小さなナッツは大きく成長するパワーを秘めているため、薬膳では腎精(生命力)チャージになると考えます。現代栄養学の研究では、ナッツの摂取量が多い人ほど死亡リスクが低くなるというデータもあるそうですよ。ただし、食べ過ぎには注意!一回の量は片手にのるぐらいがおすすめです。

  • くるみ…体をあたため、慢性の咳や便秘に◎
  • アーモンド…気血のめぐりをよくしてストレスや便秘に◎
  • かぼちゃの種…むくみや咳を解消
  • クコの実…目の疲れの悩み、滋養に

私はおやつとしてそのまま食べているのですが、アレンジを加えてもよさそうですね。

まとめ

KALDIで見つけた商品が薬膳になるって楽しい♪基本的には手作りが中心ですが、たまにこういった商品を取り入れて、薬膳ライフをゆるく楽しんでいます。またいい商品×薬膳アイデアがあればご紹介していきたいと思います。

キョウ
みなさんのアイデアや情報も
お待ちしています!


薬膳料理ランキング

(Visited 197 times, 1 visits today)