お店の中に屋台!?大阪で味わう本場台湾料理「台灣食堂アートミーツイート」

この記事をシェア!

近ごろはアジアの食や文化がちょっとしたブーム!海外旅行はまだお預けだけど、日本でカジュアル台湾料理が食べられる大阪のお店「台灣食堂アートミーツイート」に行ってきました!薬膳にも通じるメニューがたくさんあったので、ご紹介したいと思います♪

地元台湾への愛があふれる台湾居酒屋

大阪の本町・淀屋橋にある「台灣食堂アートミーツイート」 。ビジネス街のど真ん中にありながら、本格的な台湾料理がいただけるお店です。お店のオーナーさんは、以前私が行った台湾茶のワークショップで講師をされていた方です。

↓台湾茶ワークショップの話はこちら。

台湾茶のワークショップ初体験!烏龍茶は発酵度で味が変わる!?
台湾茶のワークショップ初体験!東方美人茶など、有名な台湾茶を味わってきました〜!発酵の違いで味も五性も変わるんです!

こちらのオーナーさんはお母様が台湾出身で「おふくろの味」的な台湾料理にこだわっているとのこと。この個性的な後ろ姿の男性がオーナーさんです。リアル辮髪。カッコいい!

場所は、地下鉄本町駅一番出口からすぐ。この辺りはビジネス街ですが、無機質なビルとは対照的な、かわいい台湾風ちょうちんがお出迎えしてくれます。

ガラス張りの店内は、異国情緒あふれる台湾風の内装になっています。

なんと言ってもこのお店のポイントは、店内に屋台があること!屋台は実際に調理にも使われているんですよ。

台湾夜市を思わせる屋台はムードたっぷり

屋台は世界各国にありますが、実は国によってそれぞれ個性があるとか。とことん台湾風の屋台を再現するために、わざわざ屋台研究家(そういう人がいるのもすごい)にオーダーして作ったというこだわりっぷり!

店内の雰囲気とマッチして瓶ビールがやたら絵になります

さっそく台湾ビールで乾杯!ビンのデザインが異国情緒にあふれています。お味はすっきり軽い目の飲み口で、蒸し暑い台湾で飲むのにぴったりな感じ。

B級グルメから薬膳にも通じる一品が味わえる!

ビールのおつまみにぴったりといえば、台湾の人も大好きな点心!

「紅油抄手(ホンヨウチャオチョウ)」は、ピリ辛コク旨たれがかかった汁なしワンタン。中にはザーサイらしきものが入っていて、旨みたっぷり♪トッピングのパクチーがいい味を出しているのですが、苦手な人ならパクチーなしも選べます。

台湾焼き餃子「鍋貼(ゴウティエ)」は、春巻きサイズの棒餃子で食べ応えアリ。

卵とトマトの炒め物「西紅柿炒鶏蛋」。中華料理ではおなじみのシンプルな一品ですが、実は身近な薬膳料理でもあるんです。卵の潤す働き+トマトの熱を取って潤す働きで、のぼせやほてりイライラが気になる人にぴったり。夏から初秋の季節薬膳としてもおすすめです。

奥に映っている「空芯菜炒め」は、アジアの屋台でポピュラーな一品。薬膳で空芯菜は熱による出血を止め、むくみ、便秘などに◎。体を冷やす「寒性」なのですが、ニンニクを加えることで旨みアップ、体を冷やす効果をダウンさせています。

そして日本でも大人気の台湾唐揚げ「大鶏排(ダージーパイ)」。顔の大きさほどのビッグサイズにびっくり!サクサク、ザクザクの衣の食感、ほんのり五香粉の香りが台湾を主張します。

台湾料理といえば外せない「滷味(ルーウェイ)」

さて、私がぜひ食べておきたかったのが「滷味ルーウェイ」です。滷とは中国語で「煮込んで味をしみこませる」という意味。「滷味ルーウェイ」は煮込み料理をさし、台湾屋台で大人気のメニューなんだそうですよ。

その特徴は、野菜、肉、練り物、麺などのバリエーションから自分で好きな具をチョイスできること。

なんとなく意味がわかるけれど、あまり信じたくない具材のメニュー付き

豚肉は好みの量にカットしてくれます

具を自分の好きな分だけザルに入れて、店員さんにパスするだけ。あとは台湾現地と同じよう屋台の鍋で、生薬と旨みたっぷりの特製しょうゆダレで煮込んでもらいます。

奥の方に写っているタレで煮込みます

おすすめは細麺ということで、たっぷり野菜と豚肉、細麺をピックアップしてみました。

滷味はなんとなくオーダーの方法が難しそうに思えるのですが、食べたいものをパッと選んで渡すだけでいいので、実はカンタン♪

台湾夜市の名物な上に野菜たっぷりでヘルシーなので、ぜひトライしたいメニューです。

薬膳を意識して、黒きくらげを入れました

そしてできあがったのがこちら!具材たっぷり、旨み深くてほんのり八角の香りが漂う煮込み料理になりました。麺も入っているのでなかなかのボリューム。4人で麺をふたつにしましたが、ちょうどよい量でした。

お店の方によると、煮込むと意外に多くなるので、材料を選ぶ際、少ないかな?と感じるぐらいの量をザルに盛るのがコツだそうですよ。

滷味が楽しめるのは関西でここだけ!?(かもしれない)とのことで、アートミーツイートに来たら、ぜひ食べてみてくださいね。

アートミーツイートのもうひとつの特徴は、店名の通り、アートを楽しみながら食事が楽しめるということ。店内では定期的に作家さんの作品が展示されています。台湾夜市の雰囲気とアートが同時に楽しめるなんて、うれしいですよね。インスタでも定期的に情報配信されていますので、チェックしてみてください。

【SHOP INFORMATION】

  • 場所:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3-6-3 御堂筋MTRビルB1F
  • 営業日:営業カレンダーで確認してください。
  • 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/art.meets.eat/
  • その他:アートミーツイートは南船場の『台灣食堂本店』の姉妹店。本店はディープな台湾料理、アートミーツイートはカジュアルな台湾料理が楽しめます。
(Visited 430 times, 1 visits today)