本草薬膳学院の通信コースで初テストを受けてみた

この記事をシェア!

今年の夏はめちゃくちゃ暑かったですけど、
急にめっきり秋らしくなってきましたね。

KYO

またいったん暑さが戻るとも聞きました

ちょっとずつ勉強しています

本草薬膳学院の通信コースに入学して、約2ヶ月。中医薬膳師めざして勉強中のKYOです。

たまにしかブログを更新せず、しかもその「たまにのブログ」も沖縄のことばっかり書いていたので「ほんまに勉強しとんのかい!」と自分でも突っ込みたくなります。
毎日いちおう、ほんのちょっとずつですが勉強しています。

薬膳の勉強法を教えてください!と聞いてみた件
本草薬膳学院の通信コースを始めたばかり。勉強法がわからず、メールで問い合わせてみました!

以前の記事で、「薬膳の教科書を読んでいると、見慣れない言葉だらけで意識が朦朧としてくる」と書きましたが、はっきり言って、
その症状は、今でも・まったく・自信を持って・変化しておりません。

意味のわからない勉強は眠い!眠くなる!
そして勉強終了…という。チーン

薬膳の勉強をした先輩たちにぜひお聞きしたい。
どうやって睡魔と戦ったのですか?
いや違う。どうやって勉強したのですか?と(笑)!!!
通信教育は睡魔との戦いです。(笑)

初テストを受けてみた

そんな中、通信教育コースの全10回のテストのうち
第1回となる「中医営養薬膳学」単元のテストを受けてみました。

もちろん、何も見ずに回答できるはずもなく…教科書を見ながら回答したのですが

それでも間違いだらけ(;o;)

結果、B判定…教科書を見ながら… うぐぐ。
A〜C判定は合格ですが、「再」となると再提出しなくてはなりません。
これからは回答を書く前にコピーを取っておいた方がよさそうだなと思いました。(そっちの用意かい)

帰ってきた答案を見て、自分で全くわかっていないな〜と感じたのが食薬の「作用」

食材に五性六味があって、それはなんとなくわかるのですが、
作用が覚えられない〜!
こんな「作用」があるなんて、予想外でした。

食薬の作用の問題

覚えられない食薬だらけ…

辛温解表類 しそ 桂枝 生姜 菊花
芳香化湿類 佩蘭
(はいらん)
砂仁
(しゃにん)
白豆蔲
(びゃくずく)
草果 うど
補気類 黄耆
(おうぎ)
白朮
(びゃくじゅつ)
大棗
(なつめ)
小豆
行気類(理気) 陳皮 みかん 生姜
利水滲湿類 はと麦 茯苓
(ぶくりょう)
小豆 とうもろこし 冬瓜

これ、わかりますか?
私はまず漢字が読めませんでした…。

辛温解表類 発汗により邪気を取り除く。性質は温性、味は辛味で発汗の作用が強い。
芳香化湿類 香りによって余分な水分を取り除いて、食欲を誘い、胃腸の働きを促進する。
補気類 臓腑の働きをよくする。
行気類(理気) 体内の気の巡りをよくする。
利水滲湿類 利尿作用によって体内の余分な水分を排泄させる。

中医薬膳師の勉強は、中医学がベースであるのでけっこう難しい…
ふだん使うような食材だけでなく、漢方薬になるような中薬も勉強しないといけないのです。実際に自分でも少しずつ買って試してみようと思っています。

マスターすればより本格的な薬膳が実践できるかも?
頑張りたいと思います!

↓こちらの記事もあわせてどうぞ♪

本草薬膳学院が関連する!国際薬膳師(士)について
日本で取得できる薬膳資格のうち「国際薬膳師」についてまとめました。国際薬膳師と国際中医師の違いとは?詳しく調べました。
KYO

今日は通信教育お勉強の報告でした〜