書いている人について

この記事をシェア!

自己紹介。京都のKYOといいます。

百貨店のカタログや料理の雑誌などの文章を書く仕事をしつつ、
ふたりの子どもを育てています。

夫は陶芸家。食卓はほぼすべて夫の食器を使っています。
このサイトで私が撮った写真にも、夫の食器を使っています。

薬膳と出会うまでのストーリー。

10年以上もに及ぶ広告会社勤務時代は
一日中パソコンの前に座りっぱなしで夜遅くまで残業。
いつも寝不足、慢性運動不足。

残業したらご飯はコンビニでおにぎりとサラダ。
週に数回は明け方まで飲み歩き…

そんな生活をしていた私が、
昔ながらの和食や薬膳に興味を持つようになったのはここ数年のこと。
家族のアトピーと、お料理雑誌のお仕事がきっかけです。

主人と娘のアトピーがいっこうによくならないのを見て
「薬に頼らないで、なんとか体の持つ力で治せないかな」とずっと考えていました。

そしてお仕事を通して薬膳料理の先生に
「毎日の食べるもの」で不調を改善したり
旬や食べ合わせで体調管理することができる、と教えてもらいました。

料理はそこまで好きじゃないけれど、お得なものに目がない私。
まいにちのごはんに薬膳のワザを取り入れて、
「元気」と「キレイ」を手に入れられたら、とってもラッキー!ですよね。

とはいっても、薬膳のことは、ほぼ初心者です。
これからゆっくり勉強していきたいと思っています。

どうでもいい!?趣味など【オプション情報】

①ライブ・フェスに行くこと。
特に洋楽、邦楽のロックが好きで、ライブハウスにもよく行きます。
小学生で忌野清志郎を聞き、中学生でロックを聞き、大学生時代はバンドサークルへ。その後音楽から遠ざかるも、ここ数年再びロックにハマっています。


②年に一度の沖縄旅行。

山や川に行って自然の中で過ごすのが大好き!

沖縄といっても、リゾートではなく…大自然が楽しめるやんばるが大好き。子どもの夏休みに家族でやんばるに旅行しています。昼は山歩き、夜は泡盛を飲みながら旅人同士で語らうのが楽しみ。

③週末のお酒タイム。
夏はビール、泡盛。秋はワイン。年中通して芋焼酎派です。
昔、屋久島に行った時に飲んだ「三岳(芋焼酎)」を、山の水で割って飲んだ味が忘れられず、それ以来芋焼酎派に。でも体のために最近はほどほどにしようと心がけています。


↑およそ薬膳やナチュラルライフとはほど遠い人物…^^;
こんな私でもやっていけるのか…がんばります!笑

さらに詳しい自分のことはこちら!

私が薬膳を始めようと思ったわけ①
薬膳を勉強しようと思ったきっかけを、リアルに書いてみました。

この記事をシェア!

フォローはこちら