【薬膳の資格】どれがいい!?薬膳の通信講座まとめ

この記事をシェア!

2019年10月11日編集済

「薬膳を学びたいけど教室や学校に通うのは大変だし、お金も時間もない!」
そんな人なら「薬膳の通信講座」を選択肢に考えているのでは?

でも薬膳の通信講座ってたくさんあって
どう違うのか、どれを選んだらいいのか迷いますよね。

私自身も通信講座を考えているので
自分で資料を取り寄せて徹底比較してみました!

KYO
この記事で紹介するのは
企画会社が関連している通信講座です

似ているようで特徴がある!薬膳資格いろいろ

薬膳コーディーネーター講座 (ユーキャン)

中医学に基づいた「本格薬膳」を学ぶならココ!

企画会社/監修 ユーキャン 辰巳洋先生
取得できる資格 「薬膳コーディネーター」※講座の最終課題が資格試験。
期間の目安 4ヶ月(指導サービスは12ヶ月)

講座の特徴

  • 薬膳の学校である本草薬膳学院が監修。学院長の辰巳洋先生は中国で医師として活躍後、来日。薬膳のプロとして活躍する辰巳洋先生によるテキストで学習するので、中医学に基づいた薬膳が学べます。
  • テキストでは中医学と食薬について学び、DVDでレシピを実践。
  • 舌診表、土鍋が副教材に含まれているのも人気の秘密。
  • 講座の最終課題が薬膳コーディネーター資格試験。自宅で受験できます。
  • 本草薬膳学院で引き続き勉強すれば「中医薬膳師」「国際薬膳師」を目指すこともできます。
KYO
「中医学からしっかり薬膳を学びたい!でも難しいのはイヤ」という人にぴったり。しっかりした理論と実践、どちらもバランスよく身につきます。最終課題をクリアすれば資格がもらえるのもうれしい!本格薬膳の入門編としておすすめです。

ユーキャンの薬膳コーディネーター講座へ

↑リンク先は公式資料請求サイトになります。

【薬膳の資格】ユーキャンの「薬膳コーディネーター講座」のこと、聞いてきた!
薬膳の通信講座のひとつ、薬膳コーディネーターについて、監修元である本草薬膳学院で聞いてきました。講座選びのご参考にどうぞ!

↑こちらの記事で、さらに詳しく書いていますので、参考にどうぞ!

監修である本草薬膳学院で、講座のことを聞いて来た内容になっています。

薬膳アドバイザー養成通信講座 (東京カルチャーセンター)

わかりやすい教材で季節や症状に合わせた薬膳を学ぶならココ!

企画会社/監修 東京カルチャーセンター 日本中医学院
取得できる資格 「薬膳アドバイザー」※講座を修了した時点で認定。
期間の目安 4ヶ月(4ヶ月間無料延長可能)

講座の特徴

  • 基礎から実践まで大切なところを論理的に学べます。
  • 講座を受けることで、自分や家族の体質に合わせた食材が選べるように。
  • 国立北京中医薬大学の海外校である日本中医学院が責任監修。
  • テキストと薬膳のレシピ、さらにDVDもついて充実した内容。
  • 「薬膳アドバイザー」の修了証を取得し、さらに講座修了後も勉強を続ければ、「中医薬膳指導員(日本中医食養学会認定)」「国際中医薬膳師」を目指すこともできます。
KYO
薬膳アドバイザー修了証は申請料が別途必要。取得は任意ですが、取得しておくと、薬膳の上位資格受験に役立てることができます。

薬膳アドバイザー養成通信講座へ

↑リンク先は公式資料請求サイトになります。

薬膳マイスター養成講座 (がくぶん)

日本人の体質に合わせた「和漢膳」を学ぶならココ!

企画会社/監修 がくぶん 板倉啓子先生
取得できる資格 「国際薬膳食育師3級」※講座を修了した時点で認定。
期間の目安 4ヶ月(6ヶ月無料延長可能)

講座の特徴

  • 板倉先生が日本人のために工夫した「和漢膳」が学べます。
  • 揚げ物や肉料理、デザートなどのレシピがあり、作りやすいのが魅力。
  • DVDとテキストで学習し、和漢膳の基礎を実践。
  • 全4回の課題を提出し、添削指導を受けて理解を深めます。
  • ダイエットや美容、その他症状や体質に合った薬膳レシピが学べます。
  • 講座修了後は、国際薬膳食育師3級の認定証が授与されます。(認定証交付は有料)
  • 学習を続ければ、国際薬膳食育学会が主催する2級、1級、特級(プロフェッサー)に挑戦可能。(東京の会場にて講座を受ける必要あり)
KYO
日本人の食生活に合うようアレンジされた「和漢膳」。とにかく作りやすいのが特徴なので、「おうち薬膳」としてすぐに役立ちそうです。

薬膳マイスター養成講座へ

↑リンク先は公式資料請求サイトになります。

薬膳インストラクター資格取得講座 (キャリアカレッジジャパン)

まるで教室のような「映像講義」で、とにかくわかりやすい!

企画会社/監修 キャリアカレッジジャパン 若林くみ子先生
取得できる資格 「薬膳インストラクター」※講座を終了後、資格試験は自宅でOK。
期間の目安 4ヶ月(指導サービス700日)

講座の特徴

  • 国際中医薬膳師の若林くみ子先生が監修。
  • 「疲労回復」「冷え対策」などの症状に合わせた薬膳食材・レシピを学習。
  • わかりやすいテキストと映像講義の2本柱で楽しく学習できます。
  • 映像では理論とレシピが収録されていて、実際に講義を受けているよう
KYO
症状に合わせた食材・レシピがしっかり学べる!基本的な薬膳の知識から、中医学の理論や専門知識までが身につきます。ネットで申し込むとお得な価格になる特典も。また、マクロビオティックセラピストの資格とのセット受講もあります。

薬膳インストラクター資格取得講座へ

↑リンク先は公式資料請求サイトになります。

薬膳料理アドバイザー講座 (ヒューマンアカデミー)

「身近な薬膳」をe-ラーニングで学べる!

企画会社/監修 ヒューマンアカデミー 西岡 麻央先生
取得できる資格 「薬膳料理アドバイザー」※講座を修了した時点で認定。
期間の目安 1ヶ月(3ヶ月間無料延長)

講座の特徴

  • 元CAであり、さまざまな活躍をしている西岡麻里先生の監修。
  • 基本的な薬膳の知識から薬膳レシピ、スウィーツ作りまでを動画で解説
  • わかりやすいe-ラーニングが特徴。体質改善や症状別のレシピも、動画やPDFでスムーズに習得できます。
  • 薬膳の基礎を学びつつ、楽しみながら生活に取り入れたい人にぴったり。
KYO
季節の薬膳料理から薬膳スイーツまでを約1ヶ月でスピード習得。毎日の生活に即実践できる講座です。わかりやすい動画がうれしい!

薬膳料理アドバイザー講座へ

↑リンク先は公式資料請求サイトになります。

まとめ

資料を請求した時点ではあまり違いがわからなかったのですが
よく読んでみると、しっかり特徴がありました。

金額ももちろん気になるところですが
「薬膳をどんな風に役立てたいか」を考えて、自分にベストな講座を見つけましょう。

気になる講座があれば、ぜひ資料を取り寄せてみてください!