旬のそら豆でトウバンジャンを作ろう!

この記事をシェア!

みなさん、豆は好きですか?グリンピースにさやえんどうにスナップえんどう…緑の初夏、緑の豆類も旬を迎えます。

そら豆でトウバンジャンが作れる!

旬の豆類の中でも今回の話題は「そら豆」。さやごと魚グリルで焦げるまで焼くだけで、ホクホクおいしい一品になるのがいいですよね。なんと!そら豆で豆板醤(トウバンジャン)が作れるって知ってました?

トウバンジャンといえば、中国でよく使われるピリ辛の味噌。炒め物などでおなじみです。中国では完熟させたそら豆を乾燥させたもので作りますが、フレッシュな旬のそら豆でも作れます。とても簡単に作れたので、レポートしたいと思います!

ちなみに、トウバンジャンとコチュジャンの違いはこちら。国も味も違います。

  • ✔️トウバンジャン
  • 中国の調味料。塩辛い
  • ✔️コチュジャン
  • 韓国の調味料。辛さの中に甘味がある

トウバンジャンの作り方

ではさっそく材料と作り方をご紹介。米麹を使うことで、味に旨みが出ます。

  • 材料
  • そら豆120g(むき実)
  • ※さやつきで400〜500g程度
  • 米麹(乾燥)40g
  • 24g(そら豆の20%)
  • 一味唐辛子2〜5g
  • 保存ビンフタ付きのもの1個

作り方

①ボウルに米麹を水20mlを入れ、よく混ぜる。ラップをかけて30分ほどおく。

②そら豆はさやから出して、指でつぶせるぐらいの固さにゆでる。

③薄皮を取り除いてポリ袋などに入れ、なめらかになるまで手でつぶす。
薄皮には食物繊維が多く含まれるので、食べられる人はポタージュなど別の料理にして食べてください。

④①の麹に塩を混ぜ、③のポリ袋に加え、唐辛子も加えて、袋の外側からよくもんで混ぜる。

⑤消毒した清潔なフタ付きの容器にスプーンなどで押しながらみっちりと詰める。

⑥表面にラップをかけて空気に触れないようにする。これで完成!

作業はこれだけなのでとっても簡単!あとは時間が経って発酵して味がなじむのを待つだけです。

すぐに食べてもいいのですが、作りたては塩気が強くてあまり深みを感じられません。できれば1か月以上置くのがベスト!「味がなじんだな〜」と感じたのは、1か月半〜2か月ほど経ってからでした。

冷暗所か冷蔵庫においてじっくり熟成させるのがおすすめ。私は少しずつ使いながら、冷蔵庫で1年ほど保存しました。

1年たったトウバンジャンはこんな色合いに。しっかり味の熟成が楽しめました。

ちなみに今回は一味唐辛子を使いましたが、辛味が少ない韓国唐辛子を使ってもOK。その場合は4〜10gを加えてください。韓国唐辛子を使うと色合いが鮮やかになり、トウバンジャンらしい見た目に仕上がります。

トウバンジャンの使い方

いろいろな料理に
  • 焼肉のタレに
  • 麻婆豆腐、麻婆茄子に
  • サラダのドレッシングに
  • 担々麺に
  • ビピンパに
  • ナムルなどの和物に

切った野菜につけて食べてもおいしいですね。韓国料理に使う時は、少し砂糖を加えるとコチュジャン風の味わいになります。

トウバンジャンを使った薬膳レシピ

薬膳にもトウバンジャンを使ってみたいと思います。まずはそら豆の効能をチェック。

そら豆の薬膳的効能

脾と胃の働きを高めて、胃腸にたまった余分な湿気を取る。胃腸に気力をつけて、食欲不振や胃もたれを解消。利尿作用でむくみにもよい。

唐辛子などの辛味には発汗作用があるので、そら豆の作用+トウバンジャンは、発汗や利尿で余分な水を排出したい時にぴったり。

ちなみに四川省や武漢で辛い食べ物が多いのは、盆地の地形で湿気の影響を受けやすいから。辛いもので発汗して水のめぐりをよくしているんですね。

ねぎと豆板醤タレのキャベツ棒棒鶏風

  • 材料
  • 鶏胸肉1枚
  • キャベツ、パクチー適量
  • タレ
  • 長ねぎ10cm(みじん切りにする)
  • しょうゆ大さじ1
  • 黒酢大さじ1
  • 砂糖小さじ2
  • すりおろしにんにく小さじ1/4
  • 作り方
  • ①鶏胸肉をゆで、冷めたら食べやすく裂く。キャベツは千切りにしてパクチーと混ぜる。
  • ②キャベツを盛った上に鶏胸肉をのせ、混ぜたタレをかける。
レシピポイント

鶏肉とキャベツで胃腸の気を補い、パクチーやトウバンジャンで発汗。胃腸の弱りからくる余分な水の停滞、体が重い感じ、むくみがある人におすすめです。

胃腸が弱いと雨の日や梅雨の時期、湿気の影響を受けやすいので、トウバンジャンを少し加えるといいですね(使いすぎにご注意)。

初夏のそら豆でトウバンジャンを作って熟成しておけば、梅雨の時期に活躍しそうです。

そら豆とあさりの豆板醤炒め

  • 材料
  • あさり200g
  • そら豆100g(むき実)
  • しょうが1片
  • しょうゆ大さじ1
  • トウバンジャン小さじ1/2
  • 砂糖小さじ1
  • 大さじ2
  • ごま油大さじ1
  • パクチー適量
  • 作り方
  • ①あさりは砂抜きする。しょうがはみじん切りにする。そら豆は包丁で浅く切れ目を入れる。
  • ②フライパンにごま油を中火で熱し、しょうがを入れて火にかける。香りが立ったらあさりとそら豆を加え、酒を加えフタをして中火で蒸し焼きにする。
  • ③しょうゆ、トウバンジャン、砂糖を加えて汁けが少なくなるまで炒める。
  • ④みじん切りにしたパクチーをふる。

雨の日やお酒の飲み過ぎなど、湿邪の影響でむくみ、だるさ、膨満感、尿が出にくい時などにおすすめ。ピリッとした辛さや、パクチーの香りがアクセントに。

ねぎとしょうがのトウバンジャン炒め

こちらは、ねぎのトウバンジャン炒め。刻んだしょうがとねぎを炒め、しょうゆとトウバンジャンで味付け。胃腸を元気にするしいたけを添えてみました。

体に陽気を通すねぎ+トウバンジャンの効果で、梅雨寒など寒くてジメジメした日、足腰が冷える時、体が重だるい時などにおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?市販品とは一味違う手作りトウバンジャン。とても簡単で熟成させるほどに旨味が増すので、旬のそら豆を使ってぜひ作ってみてください!

キョウ
トウバンジャンレシピももっと増やしたい!


薬膳料理ランキング

(Visited 188 times, 1 visits today)